猛威をふるう新型肝炎! 自分の身を守るためには「うがい・手洗い・ビタミンエース!」

こんにちは、管理栄養士の小玉です。

連日ニュースでとり上げられている「新型肝炎」ですが、日本各地で感染が確認されており、今後もさらに拡大しそうな勢いですね。

私も小さい子供がいるので、できるだけ人混みを避けて、どうしても出かけるときはマスク+手洗い+うがいを徹底するように生活しています。

報道では「あまり警戒しすぎず、基本的な感染症予防(特に手洗いが重要らしいですよ!)をする」ことが言われていますが、実はもう1つ重要なことがあります。

それはウイルスに感染しないように自分自身の【免疫力を高める】ことです。

新型肝炎だけにかかわらず、持病がある方や高齢の方が重症化する傾向があります。

免疫力を高める行動は、主に三つあります。

①睡眠をしっかりとる。

実は、細菌やウイルスに対する抵抗力は「睡眠中に維持・強化」されています。

そのため睡眠時間が減ったり細切れ睡眠が続くと、体の抵抗力が低下し風邪にかかりやすくなってしまうのです。

ですので、しっかりと睡眠をとることが免疫を高めるために重要となってきます。

また、質の良い睡眠をとるためにも刺激の多いブルーライト(スマートフォンやパソコン)をみるのは1時間前までにすませておきましょう。

②適度な運動をする。

体温が一度高くなると、免疫力が約30パーセント上がると言われています。

体温を上げる方法としては「適度な運動をする」ことが挙げられます。

運動をすることで筋肉がつき、基礎代謝の向上につながり体温上昇にもなるため、継続的に体を動かしましょう。

具体的には有酸素運動であるウォーキングなどが良いですが、雨天時や寒い日に外出が難しいときは、部屋の掃除など家事を率先して行うのも良いですね。

③免疫力を高める食事をとる。

身体の資本となるのは、やはり口から摂取する食べ物です。

免疫を高める食材は、発酵食品などいろいろありますが、特に摂ってほしい栄養素は、タイトルにもある「ビタミンエース」です。

エースとは、、、

「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE「ACE(エース)」のことです。

野菜 果物

・ビタミンAは粘膜を守り免疫力を高める働きがあり、人参や小松菜などに多く含まれます。

・ビタミンCは抵抗力を高める効果があり、風邪を引いたらビタミンCの多い飲みものを摂取するのが鉄板ですね。

みかんやキウイフルーツなどの果物、ブロッコリーなどに多く含まれています。

・ビタミンEは抗酸化作用が高く、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

アーモンドやアボカド、かぼちゃなどに多く含まれています。

感染症予防の合言葉「うがい・手洗い・ビタミンエース!」でウイルスに負けずに健康的な生活をおくりましょう。

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

《この記事を書いた管理栄養士さん》

小玉
管理栄養士、食品表示検定中級の資格を保有。給食委託会社で支配人兼管理栄養士として献立作成や栄養価計算、現場調理を経験。その後転職し、サプリメントの研究開発職、外食企業のメニュー開発、食品表示の作成等に従事。現在は、1歳の娘の育児をしながらフリーの管理栄養士として活動中。

管理栄養士についてより詳しく知りたい方はこちら

  • コメント: 0

関連記事

  1. 和食のすゝめ!ダイエットに最適な【旅館のような食事】を自宅で簡単にできる秘訣

  2. 自粛ムードの今だからこそ、丁寧な暮らしを〜味噌づくり〜

  3. おやつが食べた〜い!管理栄養士が選ぶ【罪悪感なく】食べられるおやつ3選

  4. 女性の天敵、貧血!スボラに鉄分補給できる二つのコツ

  5. 産後も食生活は注意する事だらけ!? 育児に追われる中で母乳に良い食事を確保するたった2つのコツ

  6. 妊婦の大敵【便秘】を経験した栄養士が、実際に成功した解消方法を教えます!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。