自粛ムードの今だからこそ、丁寧な暮らしを〜味噌づくり〜

こんにちは、管理栄養士の小玉です。

国内の一斉休校に始まり、イベント自粛の要請と怒涛の1ヶ月となった3月も半分を終えようとしていますね。

新型コロナウイルスの影響で自粛モードの中、私自身も子育て施設の休館やイベント中止が相次ぎ、引きこもりがちな日々を送っていました。

しかし先日、友人が「親子で味噌づくりをしよう!」と誘ってくれ、一緒に大豆から味噌を作る体験をしました。

もちろん、発酵に3ヶ月ほどかかるのでまだ食べることはできませんが、娘も「みそ作ったねー」と言っており、良い食育になったと思います。

とっても簡単にできたと同時に、2歳の娘も一緒に楽しみながら作れたので、皆様にもぜひお伝えしたいと思います!

大豆

まず、用意するものは

  1. 乾燥大豆 500g
  2. 乾燥米麹 500g
  3. 粗塩   500g

出来上がり量が1kgくらい出来るので、そこまで必要のない方は、比率が1:1:1であれば

何gでも大丈夫です。

【作り方】

  1. 大豆を水に浸す。(12時間ほど)
  2. 水をたっぷり吸った大豆を4時間ほど茹でる。
  3. 柔らかく茹でた大豆を潰す。粗めが好きな方は粒感が残っていてもOKです!
  4. 麹と塩を合わせたものを、3に入れてしっかり滑らかになるまで混ぜる。
  5. 温度湿度ともに変化の少ない暗い場所に、約3ヶ月置く。

水分が出てきていたら、再度混ぜる。

以上です!

3.4の工程は、お子さんと一緒に出来るので、食育にもなりますよ♪

最近は

「魚が切り身で泳いでいる」

「お肉は薄切りのまま存在している」

「味噌が何からできているか知らない」という子どもも多いそうです。

食というのは、動物や植物の命を犠牲にして成り立っているということを、子供に学ばせる場を設けてあげ「感謝の気持ちをもたせる」というのは親の役割なのかなと思います。

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

《この記事を書いた管理栄養士さん》

小玉
管理栄養士、食品表示検定中級の資格を保有。給食委託会社で支配人兼管理栄養士として献立作成や栄養価計算、現場調理を経験。その後転職し、サプリメントの研究開発職、外食企業のメニュー開発、食品表示の作成等に従事。現在は、1歳の娘の育児をしながらフリーの管理栄養士として活動中。

管理栄養士についてより詳しく知りたい方はこちら

  • コメント: 0

関連記事

  1. 猛威をふるう新型肝炎! 自分の身を守るためには「うがい・手洗い・ビタミンエース!」

  2. 和食のすゝめ!ダイエットに最適な【旅館のような食事】を自宅で簡単にできる秘訣

  3. 女の子の節句「ひなまつり」 縁起の良い食べ物の意味は?

  4. 妊婦の大敵【便秘】を経験した栄養士が、実際に成功した解消方法を教えます!

  5. ハッピーハロウィン!【かぼちゃ】は女性に嬉しい栄養の宝庫です!

  6. 産後も食生活は注意する事だらけ!? 育児に追われる中で母乳に良い食事を確保するたった2つのコツ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。