体内酵素の働きと節約方法

ダイエット、美容、健康…。そういったキーワードに注目していると、『酵素』の文字をよく目にするのではないかと思います。
実際に、酵素はドリンクや食品など幅広く使用されており、ドラッグストアや通販などで簡単に手に入ります。

そもそも酵素とはどういったものなのでしょうか。
その仕組みや働きについてお話していきます。

 

酵素とは

大まかにいうと、酵素は生き物の生命活動をサポートする大事な役割を持った媒体です。
私たちの身体は、毎日食べ物をバランスよく食べることで健康を維持していますよね。ただし、食べ物を体内に摂り入れるだけではエネルギーになりません。きちんと消化・吸収して栄養素に変えてこそ、人間は息をしたり運動をしたり、考えたりできるのです。
その流れをサポートする役割を担っているのが酵素です。

細胞のいたるところでたくさんの酵素が活躍していますが、それぞれの酵素は一人一役しかこなせません。
たとえば炭水化物を分解するのはアミラーゼ、脂肪を分解するのはリパーゼといったふうに。このため体内には約3000~5000種類もの酵素があるとされ、最近では研究によってその数はどんどん増えつつあります。
この中のどれかひとつでも欠けたり不足してしまうと、身体のどこかに不調をきたしてしまいます。目には見えなくても、酵素は生きていくうえで必要不可欠なものなのです。

 

酵素の働き

私たちの体内で行われている酵素の働きは、大きく分けて次の二つです。

消化酵素として食べ物の消化・吸収をサポートしてくれる

食べ物はそのままの状態では栄養素として機能しません。身体に入るとさまざまな消化器官で酵素が働き、小腸で吸収できる分子レベルまで小さく分解してくれます。

たとえば炭水化物の場合、ブドウ糖がつながってできていますが、このブドウ糖とブドウ糖の間にある鎖をハサミでカットしているのが酵素です。こうして分解された栄養素たちが小腸で吸収され、エネルギーとなっていくのです。

消化酵素が不足すると脂肪が分解されず太りやすくなる、糖分が分解されにくくなり糖尿病になる、消化不良により便秘や下痢になるといった問題が起こりやすくなります。

代謝酵素として栄養素をエネルギーに変え身体中に届けてくれる

小腸で摂り込まれた栄養素を身体中の細胞に届けるのも、酵素の役割です。

人間の身体は37兆個を超える細胞でつくられており、それぞれが免疫力を高めたり傷を修復してキレイな肌に作りかえたり、毒素を排出したりと重要な働きを持っています。これらの働きに必要なエネルギーを、酵素が届けてくれているのです。

代謝酵素が不足すると病気になりやすくなる、毒素がたまりやすくなる、老化が促進されるなどといった悪影響だらけとなってしまいます。
健康でいるためにはいかに酵素が重要か、改めて実感しますよね。

 

加齢とともに減少する体内酵素

体内の酵素は身体の中でつくり出されるか、食べ物で摂り込むかのどちらかで数を維持しています。

実は身体の中でつくられる酵素は、加齢とともに減少してしまうと言われています。
一生のうちつくられる酵素の数は決まっており、男性は16歳ごろ、女性は14歳ごろがピーク。その後は緩やかに減少し、40歳ごろからは急激に減ってしまうとされています。
年齢を重ねると肌がくすんだり、腰痛や肩こりがひどくなったりと、特有の悩みが出てきますよね。これらは酵素不足が原因ではないかと考えられています。

 

体内酵素を節約するには

酵素は一生につくられる量だけではなく、1日に使える量も決まっているとも言われています。
その中で、まずは優先的に消化酵素としての働きにたくさんの酵素が使用されます。そのため消化・吸収に酵素を使いすぎると、代謝酵素が不足してしまう状況に陥ってしまいます。
マラソンにたとえると、前半で飛ばし過ぎて後半はヘトヘトになり走れなくなってしまうような感覚ですね。現代はほとんどの人がこの息切れ状態になっているといわれています。

そんな酵素不足を防ぐためには、以下のような節約方法が有効です。

酵素の無駄遣いを防ぐ

体内酵素は次のようなことで必要以上に消費されてしまいます。できるだけ避けるように日々の生活で気をつけてみてください。

・暴飲暴食をする
・インスタント食品など添加物の多いものを食べる
・ストレスをため込んだり睡眠不足が続いたりする

 

酵素をたくさん含む食品を食べる

酵素の中には食物酵素といって食べ物からつくられるものもあります。
体内の酵素が不足しがちでも、この食物酵素を摂ることで不足分をしっかりとサポートしてくれるのです。食物酵素は次のような食べ物に多く含まれています。

・新鮮な野菜や果物
・納豆やみそなどの発酵食品
・お刺身など生の魚類

 
食品だけで不足した酵素を補うのはなかなか大変なので、酵素ドリンクやサプリを利用するのもひとつの方法です。
その際はなるべく添加物の入ったものは避け、自然な形で摂り入れられるものを選びましょう。

 

まとめ

なぜ酵素がこれほど健康やダイエットにいいと注目されるのか、ご理解いただけたでしょうか。
体内酵素をいかに有効的に使えるか、維持していけるかが、この先年齢を重ねても健康的で美しくいられるかどうかを左右するのが酵素なのですね。

関連記事

  1. 酵素商品

    『生酵素』ってなに?みんなが生酵素を取る理由とその方法

  2. ぽっちゃり

    酵素・生酵素ダイエットに失敗する理由は?痩せない原因と痩せるために知っておくべきこと

  3. トイレ

    酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘に効かない原因は?